一戸建て住宅を購入する際にかかる費用

一戸建て住宅を購入する際にかかる費用

自分にとっての適正価格とは

一戸建てを購入する際、購入した後にかかる費用を考えると住宅の購入は非常に厳しいのではないか、自分の今の収入や生活でどのくらいの価格の一戸建てを購入することができるのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

一般的に住宅購入の適正価格は、住宅ローンの返せる金額を基準に考えます。住宅ローンの年間の返済額は年収の25%以内が適正と考えることができ、例えば年収300万円の人の場合は住宅の借入額の目安は2040万円、年収500万円の人の場合は3400万円です。これは返済負担率25%、住宅ローン金利1.5%、35年返済、元利均等、ボーナス時の加算なしで試算したものです。もちろん同じ年収でも家族の人数やライフスタイルなどによって毎月返済をすることができる額は変わってくるので一概には言えませんが、1つの目安として参考にすることができます。

頭金をいくら用意することができるかによっても購入することができる住宅の価格は変わってきます。買える金額を正確に知りたい場合は頭金と住宅ローンの借入額で試算してみましょう。ただし貯金を全額頭金にするのは非常に危険です。引越し費用や税金、家具の購入費用、購入後の生活予備費なども考慮して頭金として使うことができる金額を試算するようにしましょう。