一戸建て住宅を購入する際にかかる費用

一戸建て住宅を購入する際にかかる費用

購入後にかかる費用

一戸建てを購入した後にかかる費用のほとんどを占めるのが住宅ローンの返済です。一戸建てを購入した後返済終了まで払い続けるものであり、住宅ローンの返済期間は最長35年が一般的になっています。この範囲内で人生設計などに合った期間を選択することができますが、多くの場合20年~35年と長い期間返済を続けていくことになります。返済不能に陥れば、住宅を手放さなければならなくなることからしっかりと家計管理を行うことが重要で、毎月の返済の他にボーナス時に加算して返済を行うこともできます。返済と同時に貯蓄を増やして、定期的に繰越返済をすることで金利負担を軽くすることができるので資金計画を立てておくようにしましょう。

また住宅購入後にかかるのはローンの返済だけではありません。住宅を取得すると固定資産税や都市計画税などの税金が必要になり、軽減措置がある場合もありますが、毎年一回納税する必要があります。

この他には一戸建ての場合、マンションのように管理や修繕のための定期的な支払いをする必要はありませんが、長期間住み続けることで修繕費用が必要になる可能性もあります。キッチンやバスルーム、トイレなどの水回りの設備の交換や外壁、屋根などの修繕などにも数百万程度の費用がかかることも多いので、リフォームや修繕に対応することができるように貯蓄しておく必要があります。